男性と女性

eラーニングを利用した効果的な研修|効果的な研修による人材成長

社宅制度と従業員満足度

社宅

福利厚生制度は、法定福利厚生と法定外福利厚生と呼ばれる二種に分けることが可能です。法定福利厚生というのは、社会保険や雇用保険等、法で実施を定められている福利厚生制度です。それに対して、法定外福利厚生というのは企業側が任意で実施する福利厚生制度となっています。法定外福利厚生制度の実施というのは、企業にとって必要の無い出費です。しかし、多くの企業が法定外福利厚生の実施を継続するのには意味があるのです。元々、福利厚生制度の実施目的というのは、企業に勤める労働者とその家族が健康的な生活を維持するための支援するためでした。そうすることで、従業員満足度を向上し企業との労働者の関係を良いものとしてきたのです。法定外福利厚生には様々な制度があり、企業は数多くの制度の中から好きな制度を選択することができます。従業員満足度の向上に繋がる制度の一つとして、社宅制度が挙げられます。
社宅制度というのは、住環境に関わる制度のことで労働者の住居費を支援する制度です。この制度は、労働者を企業側が用意した社宅に住まわせることによって、その社宅の住居費を企業側が何割か負担するといったものとなっています。つまりは、労働者側は低コストで社宅に住むことができるのです。住居費が低コストになるということは、月々の給与の内、自由に使える金銭が増加するということでもあります。つまり、労働者は給与増加と同じ効果を得ることができるのです。